【ご相談内容】 男性ばかりの職場で今まで出会いがなく、現在、結婚相談所に入って婚活をしています。ただ、僕の年収はあまり高くなく、色々な方にアプローチしているのですが、そもそもマッチングが出来なかったり、ようやく会っても、年収を理由に断られてしまったりと、婚活が難航しています。……どうすればいいでしょうか?   はじめさん(32歳 男性)

年収はないよりあったほうがいいが全てではない

ご質問ありがとうございます。

まず、年収が高い=マッチングしやすい、の方程式は事実です。これはどう頑張ってもひっくり返りません。

しかし、年収さえ高ければ成婚するか?と言われればそうでもありません。

女性はもう一つ、「家庭を大事できる良き夫になりそうか」という点を注意深く観察しています。

言うなれば、その中に「年収が高い方が大事にできることが増える」という考えがあるために、「ないよりはあった方がいい」と思っている、ということです。

女性の男性を見る目が変わってきた

最近では、モラハラやDVなどの事例から「高年収=ハイストレス=怒りっぽい」という見方をする人も増えてきています。

また結婚相談所の方でも、女性会員に対して「年収で足切りしすぎないように」と教育を始めています。

これには「日本人の平均所得が下がってきており、女性会員の望むような年収(600万円ほど)をクリアしている人が“マジで”いない現実を直視させるため」という目的があります。

実際、年収300万円くらいだとしても、共働きをすれば600万円にはなりますし、節約・節税したり投資したりすれば、それなりの生活はできます。(「稼ぎ」よりむしろ「財テク」の方が大事)

中には「稼ぎは私がなんとかする、だから夫は性格重視。安らげるパートナーが欲しいんじゃ」と思っている人もいるくらいです。

以上の理由などから「男は稼いでなんぼ」という考え方の女性の数は減少傾向にあります。P

年収の低い人が取るべき戦略

以上のことがわかると、はじめさんの取るべき戦略が「いかに良き夫になれるかのアピールをするか?」とに絞られる、ということがご理解いただけるのではないでしょうか。

例えばプロフィール欄にこんな文章を書くのはどうでしょう?

  • 「奥さんのキャリアもしっかり応援したいと思っています」
  • 「笑顔の溢れる家庭を作りたいです」
  • 「昔から母親の家事を手伝うのが好きでした。歳の離れた妹がいるのですが、小さい時は親が忙しいときに、よく一緒に遊んでいました」

などなど…

自分の背景や価値観の中で、「良き夫になりそう」と思わせられる部分を売っていく。それが年収の低い人のとるべき戦略かなと僕は、考えます。

女性がどんな夫を求めているか?勉強しよう

ちなみに結婚前の女性は理想を語りますので、よく特集されている「女性の結婚相手に求める条件」は参考になりません。

検索すべきは「夫 ムカつく」「夫 別れたい」というネガテイブなワード。そこに「本当は」女性が夫に求めていることが隠されています。

他にもツイッターやブログなどで情報発信している結婚相談所や、婚活をしている人の情報をフォローし、結婚指南系の書籍(男性向け女性向け両方)を読み漁ると見えてくるものがあるはずです。

年収希望の女性はハナから相手にしないこと

最後に、結婚相手を「年収のみ」で判断するような女性はそもそも結婚に向いていないので、そんな女性は相手にしないことが大事です。

いまはマッチングアプリなどもありますから、出会いのチャンスはいくらでも作れます。とにかく視野を広く持つことです。

ちなみに、僕が妻にプロポーズした時の経済状況はボロボロの状態でした。

月収で言えば10万円ほど、貯金はゼロどころかマイナスでした。それでも彼女は受け入れてくれました。

収入で判断しない女性もちゃんと存在します。大事なことはそんな女性に恥じない自分でいるかどうか、なのだと思います。

(川口美樹 /ライター)

avatar
お悩み相談室

もこもこ

恋愛経験が豊富なアドバイザーや日々恋愛相談や悩みを解決へ導いている占い師さんが相談にのってくれます。

参考にしたいお悩み相談